豊田ハイシステム株式会社 キャリア採用

ENTRY

ABOUT
企業概要と事業領域

会社情報

社名:
豊田ハイシステム株式会社
(TOYODA HIGH SYSTEM,Incorporated)
代表者:
代表取締役社長 古池正裕
設立:
1991年2月8日
資本金:
1億円(株式会社豊田自動織機100%出資)
事業内容:
■ 豊田自動織機のSIer事業
■ ITインフラ構築事業
■ 製品組込み開発事業
■ ソリューション開発事業
主要取引銀行:
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行

事業領域

豊田自動織機のSIer事業

生産現場における設計業務から、製品ごとに最適な生産システムの開発、経理・人事・調達部門といった本社機能の強化まで、豊田自動織機の抱えるすべての課題を引き受け、ITによって解決を図っていく事業です。

ITインフラ構築事業

サーバーやネットワークなど、文字通りITインフラを手がける事業部です。親会社である豊田自動織機、トヨタグループとの連携が必要なすべてのシステムの基盤を支えているほか、メールシステムやセキュリティ、有線・無線問わず、通信環境の整備なども私たちのミッション。全社員がIT環境に不自由を感じていない状態こそ、私たちの成果です。

製品組込み開発事業

豊田自動織機の自動車・フォークリフト・生産設備などに内蔵され、動きを制御するための「組込みソフトウェア」を開発する事業部です。たとえば、自動車が走ったり止まったりすることも組込みソフトウェアが機能している証し。製品の安全を司る領域を担っています。

ソリューション開発事業

豊田自動織機のシステム開発で培ったITを、物流・医療・通販など、あらゆる業界の問題解決に活用する事業部です。「トヨタ生産方式」の哲学に基づき、これまでに物流会社の在庫管理システムや物流業界向けクラウドサービスなどを実現。ビジネスの様々な課題をシステムで解決していきます。

物流カイゼン.com AAA Aploud

採用担当者からTHSの仕事の魅力

豊田自動織機のSler事業

THSは豊田自動織機の情報システム部門と一体となり、豊田自動織機の社内SEの立ち位置で仕事をしています。

ITインフラ構築事業

豊田自動織機のインフラに携わります。世界中に5万人もの従業員がいる企業のインフラを担当し、加えて、トヨタグループ関連インフラにも携わることもあります。

製品組込み開発事業

組込み開発がしたいと思う方の多くは、メーカーへの転職を志望されます。しかし、メーカー内で実際に開発業務に携わることは少なく、たいてい当社のような開発会社と協力してプロジェクトを進めます。

ソリューション開発事業

この事業は外販と呼んでいて、親会社の仕事以外を担っています。トヨタグループの関連会社・子会社の中で外販事業を持つ会社はほぼ存在しておらず、独自の事業スタイルがTHSの特徴です。

TOP > 企業概要と事業領域