豊田ハイシステム株式会社

Just In Timeを実現する「生産順序指示システム」

タブレットを使い、製造現場への指示・実績収集を すぐにデジタル化・ペーパーレス化!リアルタイムでの進捗把握を実現します。

生産順序指示とは

生産管理システムと順序指示システムの違い

生産管理システムは所要量を計算し、ある日にどの製品を何個製作るかを計画します。この計画は前日までに生産を終えて翌日いつでも出荷可能な状態を目指すため、1日分の在庫を抱えてしまう事になります。
もしくは出荷までに間に合えばいいと現場に任せてしまうと、実際はいつ完成する予定か出荷直前までわからないまま生産を行う事になります。
この課題を解決するために製造の着手順序を現場へ指示するのが「順序指示システム」です。
今すぐに順序指示が出来ない場合でもタブレットでリアルタイムに生産指示を出す事でムダの発生を抑制する事ができます。

現場に合わせた作業指示書を作成可能

運用に合わせて指示内容をカスタマイズ

現場によって見たい情報、記録したい情報は異なりますが、各工程に合わせた作業指示書を作成可能なため、どの工程へも柔軟に対応できます。

生産実績をリアルタイムに見える化

現場の作業実績をリアルタイムで収集し、進捗をいつでも把握できる

タブレットを使い、現場で実績入力した情報がすぐに確認できるため、設備トラブル等の影響や出荷遅延を見越した計画変更を行えます。

Just In Timeの実現

必要なものに必要な時に必要なだけ指示!

不必要な情報は指示せず、今必要な分の作業指示だけを現場へ行い、造りすぎのムダ、在庫のムダ、運搬のムダを減らします。

導入イメージ・機能範囲

上位の生産管理システムは変えずに現場のペーパーレス化

上位の生産管理システムからの生産計画を元に現場への指示、実績管理部分のみを適用できるため、生産管理システムは現状のまま利用開始できます。

導入フロー

現場の見える化をしたい、在庫を減らしたい、現場から紙をなくしたいなど、様々な課題を解決できる生産順序指示システムを導入してみませんか?
まずはトライアルまたは現場見学・ヒアリングをお申込みください。

  • 1.トライアル申し込み・トライアル実施
  • 2.現場見学・ヒアリング
  • 3.開発・テスト(カスタマイズ、データ連携テスト)
  • 4.本番利用申し込み
  • 5.環境構築・設定
  • 6.保守サポート
TOP > Just In Timeを実現する「生産順序指示システム」